機械式腕時計を末長く愛用したい!オーナーがすべきことの基本とは

2016年3月13日

ファッションは清潔が基本!時計は衛生的に使用しよう

ファッションアイテムとして機械式腕時計を愛用するなら、清潔は常に保たれたいものです。衛生的であることは機械式腕時計を健康的に使用することや、時計を腐食から守り防水性などを保つことにも繋がります。機械式腕時計の使用中は一般的に常に皮膚へ触れている状態です。皮脂や汗などの汚れがバンドやケースなどに付着しやすいので、柔らかい布などで汚れをふき取るなどのケアを日常的に行います。金属バンドの場合は石鹸水を使用して歯ブラシなどで部分洗浄しますが、ケースへ水がかからないように注意しましょう。また機械式腕時計を装着する際は手首とバンドの間に指一本分の余裕があるようにし、通気性を良く保ちます。

愛用することが長持ちの秘訣?ゼンマイの巻き上げ作業

機械式時計は常に動かしていることで長く愛用することへ繋がります。適度に潤滑油がなじむことが理由の一つで、逆に時計を動かさないまま放置していることは潤滑油の凝固する原因です。またゼンマイは一日に一度決まった時間に巻き上げ作業を行うことで、時計精度の安定やゼンマイそのものの寿命を長くさせることにもなります。毎日の習慣にすることで忘れ防止になりますね。またゼンマイの巻き上げ作業は、時計回りに回して逆へ回すを繰り返し、感触が固くなれば巻き上がった合図です。過度の巻き上げは故障の原因になるので注意しましょう。

機械式時計の健康診断!?オーバーホールとは

機械式時計は日々自ら行うお手入れの他に、時計のプロによるケアが必要になります。オーバーホールと呼ばれる時計の分解掃除で、摩耗した部品の交換や、古くなった潤滑油の交換など、時計のコンディションを正常に保つための作業を指します。オーバーホールは3年から5年に一度の頻度で定期的に行うことが機械式時計の寿命に影響し、長く愛用したいのなら信頼のおける時計店か機械式時計のブランドなどに依頼して下さい。また新品の時計は金属粉や潤滑油の汚れが出やすいので、購入後3年でのオーバーホールを行うことが寿命を長くすることに影響します。

ブシュロンは結婚指輪や婚約指輪でも有名で名のあるセレブ達がよく身に着けている欧米の高級宝飾品ブランドです。

ブシュロンの指輪の情報